神田製作所は8周年を迎えました。

陽春の候、皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
2017年4月、弊社は8周年を迎えました。
これもひとえに皆様方からの暖かなお引き立ての賜物と深く感謝しております。

動画制作は、だれにでもできる身近なものに

弊社は2009年にスタートしてから「もっと身近に、もっと楽しく」のキャッチコピーのもと、みなさまが動画を身近に感じられるようになるにはどのように提案すればよいかをテーマに活動して参りました。

あれから8年、わたしたちの身の回りには動画が溢れるようになり、友人や知人が作った動画を目にすることも珍しくありません。設立当初はSNSさえ普及していなかったことを思い返すと、現在はまさに「動画が身近になった」といえるでしょう。

簡単につくれるからこそ、他と差をつける動画を

動画は身近になりましたが、新たな課題も生まれてきました。
多くの動画を目にする機会が増えたために、発信する側が確かな意図をもって動画制作に取り組まなければ視聴者へメッセージが届けることが難しくなったのです。
メッセージが反映されていない動画では、本来動画が持っている強みを享受したことにはなりません。
動画制作そのものが簡単になったからこそ、動画をつくる目的を掘り下げてデザインすることが大切になってきます。

多様なニーズにあわせたお手伝いができるプロでありたい

弊社ではこれまでの動画制作で培ってきた経験や日々研究を進めている“いまにあわせた動画活用法”を用い、多くの人のお役に立ちたいと願っています。

動画活用未経験で分かりやすい説明を求められるケース、きれいな映像を求めて撮影だけを依頼されるケース、または逆に撮影は自分で行い効果的な編集のみを求めるケース、無理なく定期的に公開する戦略を模索されているケースなど、わたしたちにお寄せいただくご依頼も数年前では考えられないほど多岐にわたり、動画制作にまつわる要望は今後ますます多様化していくものと思われます。
だれもが動画を作れるようになった時代にあわせ、どのようなフェーズにおいてもさまざまなニーズに応えていける動画制作のプロフェッショナルでありたいと考えています。

どうぞこれまでと変わらぬご愛顧を賜わりますよう、よろしくお願い致します。

LINEで送る
Pocket

Footer illustration