グッとくる動画のためのキャッチコピー 3-03

3-03 優れているポイントを強調する 商品の優れていることを強調し、客が抱えている問題が解決できることをアピールします。特長を際立たせるために、あらゆる視点から比較アプローチを試しましょう。

INDEX

  • 優れているから、解決できる
  • イメージを引き出す比較コピー
  • 客のイメージを膨らませるための発想ポイント

①優れている点をピンポイントで推す

第2段階のターゲット視聴者である“問題解決の必要性を感じているが、商品を欲しいとまでは思っていない人たち”に向けてのコピーの最終回です。

これまでの2回で“商品の機能”が客の悩みを解決することを伝えてきました。すでに悩みを解決したユーザーの声を聞かせたり、現実的なイメージを持たせたりといった手法です。ところがこれでも商品が問題解決につながることにピンときていない人がいるかもしれません。
そこで今回は、“どこが優れているか”を強調して、そのポイントが問題解決につながることを伝えるアプローチを考えていきましょう。

②簡単にコピーを作ってみよう 

いくつかのパターンにおける考え方、視聴者への見え方を紹介します。
例として挙げているコピーは、「もし動画を商品として考えた場合」のものです。
みなさんも楽しみながら動画の核となりそうなコピーを作ってみてください。

1.選ぶポイントを示す
ex.) 「動画制作において担当者とのコミュニケーションは充分か?」
問題を解決するためのアプローチには、さまざまな角度からの視点があります。そのなかで自社が扱う商品の強みを選ぶポイントとして推すことによって、視聴者の商品を引き寄せましょう。
「問題を解決するには○○が大事」→「その○○がもっとも優れているのが、この商品」といった論法です。おもしろい知識を前段にもってくると、コンテンツとしてもおもしろいものができます。

2.ビフォー→アフターをドラマチックに表現する
ex.) 「動画をアップした日は反応がありませんでした。しかし数日後から目に見えるように問い合わせが・・・」
商品が与えてくれる効果をドラマチックに表現する手法です。現状から変化していく様子をリアルに体感できるように、“ビフォー”の状態についても言及しておくことがコツです。
例では、「動画はすぐに反応がない」とシビアな現状を感じさせることで、後半の「目に見えるように問い合わせが・・・」に信憑性を持たせています。

3.比較対象を引用しながら商品に焦点をあてる
ex.) 「チラシ、DM、ホームページ、SNS・・・動画は無関心?」
扱う商品と同列に並べられるものを挙げ、それらを比較対象として印象づけます。同じ素材、同じ機能にとどまらず、本質的なところで通じるものがあれば挙げてみましょう。
“動画”を使いこなしている企業はまだ多いとは言えません。例では、動画は決して特別なものではなく、気軽なツールとして使われるべきだといったメッセージを伝えるために同種のツールを並列に挙げています。

4.反対のものと比較してメリットを強調する
ex.) 「静止画だけで“あなたらしさ”は伝わっていますか?」
商品と真逆にあるものを比較対象として挙げる手法です。扱っている商品が得意とする項目で比較しましょう。反対の性質のものと比べることで、商品が持っている特長がはっきりします。
コピーでは「○○においての□□のほうが優れている」と断定するのではなく、優れているのはどちらかを客にイメージさせるために「~ですか?」と問いかけてみるのがポイントです。

③発想するためのポイント

  • 商品の特長が解決する問題とは?
  • 商品によって変化していく日常を表現すると?
  • 商品と同質のもので、比較対象になり得るものは?
  • 商品と反対のもので、比較対象になり得るものは?

これらの問いについての答えを書き出して、今回学んだ手法に当てはめてみましょう。一度書いただけで正解とするのではなく、なんどか繰り返せば新しい発想が生まれてくるはずです。
書いたものは1週間ほど日を置いて再び見直してみます。作ったコピーを新鮮な気持ちで眺めて、納得できればゴールです。

まとめ

  • 優れているポイントを強調して、問題が解決できることをアピールする
  • 問題解決するシーンをイメージしやすくするために、比較で問題を立体化する
  • 時間軸、同質のもの、反対のもの・・・あらゆるものを比較対象として試し、商品の特長を際立たせる
LINEで送る
Pocket

関連コンテンツ

Footer illustration