会社概要
ごあいさつ
ビジョン
カンダの技術
ロゴとテーマについて

ロゴとテーマについて

製作所の理由

「神田製作所」は、動画を制作する会社です。
映像制作の会社で、「製作所」を名乗るのは珍しいかもしれません。

わたしたちが作っているのは
エンドユーザーであるみなさんが主となって活用できる動画を制作しています。

かつて“映像=TV”だったころ、
映像コンテンツは代理店などを通して制作されるのが当然でした。
ところが、いまではデバイスが発達したことに伴って、
映像を発信する場所はTVに限りません。
ネットをはじめ、店頭・展示会イベントなど様々な場所で動画が活用されています。

「欲しい動画を、必要なときに制作してもらいたい」
そのようなニーズに応えられる製作所でありたいと願っています。

 

ロゴとミッションについて

 

神田製作所のロゴデザインは映画フィルムをイメージしています。
あらゆる動画には、「映画のようなストーリー」が必要だと考えています。
観た人にストーリーを通じて感動を与えるために、
発信する人ひとりひとりにピッタリの物語を
動画といったカタチにしていくことが、わたしたちのテーマです。

2009年4月、創業当初に掲げたキャッチフレーズは、「もっと身近に、もっと楽しく」。
年月が経ち、映像は身近なものへとなってきました。
2015年から打ち出したフレーズは、「その想い、カタチに」です。
動画コンテンツが広がりを見せるなか、動画とは想いを伝えるためのツールであると考えました。

そして2018年からのキャッチフレーズは、「さあ、物語をはじめよう。」です。
想いが込められた動画は、物語として見ている人々を魅了します。
感動が行動を導き、人と人とのつながりを強くしてくれます。
わたしたちは、ただ情報を伝えるだけではない役割を動画に求めています。

 

LINEで送る
Pocket

Footer illustration